がんばろう日本!がんばろうみやざき!

notice

平成29年7月1日から建物共済のしくみが大きく変わりました

2017年08月01日

今回の改正は、各地で発生する甚大な災害に対応するため、要望し実現したものです。


【火災・総合共済】

 ◆小損害実損てん補特約の導入

  1,000万円以上の加入で、30万円までの損害を満額でお支払い。

 ◆自動継続特約回数制限の緩和

  3年間ごとの契約更新から、10年間ごとの契約更新が可能に。

 ◆臨時費用担保特約の拡充

  損害共済金に20%(250万円限度)の加算支払いが、10%、20%、30%から選択可能に。


【総合共済

 ◆地震担保割合の引き上げ

  契約金の30%限度が50%限度に。

 ◆加入金額の引き上げ

  1棟2,000万円から4,000万円まで加入でき、火災共済と合わせると1億円まで加入可能に。

 ◆特別費用共済金支払対象の拡大

 「火災等」事故のみから、「風災」「雹災害」「雪災」「水災」が追加(損害割合80%以上、契約金額の10%、1棟200万円限度)。


詳細はこちらから


新生NOSAI宮崎の設立に向けて!!

宮崎県のNOSAI団体は
平成31年4月の新組合設立
に向け協議・検討をしています

収入保険制度について

農林水産省の動画です